立ち直りをささえ、安心で安全な地域社会をつくる。「小松能美保護区保護司会」は、明るい社会実現のために更生保護の活動に取り組んでいます。

小松能美保護区の活動報告

活動報告

  • 平成30年度 第4期定例研修

    2019.3.26

     平成31年3月12日(火)午後1時30分から寺井地区公民館にて第4期定例研修を開催しました。今回は自由テーマということで、前田観察官の刑務官時代のお話を聴かせていただきました。  「刑事施設の概要について」というテーマ […]

    続きを読む

  • 新年自主研修会

    2019.1.21

     毎年、成人の日に開催している新年自主研修会が、平成31年1月14日(月祝)午後3時から、おびし荘でありました。  講師に今年度開学したばかりの公立小松大学学長の山本博氏をお招きすることができ、非常に意義のある研修会とな […]

    続きを読む

  • 公開ケース研究会

    2018.12.19

     平成30年12月12日(水)午後1時30分から、辰口中学校2年生とケース研究会を開催。 当保護司会がこの活動を始めて、はや三年。      当日は、2年生5クラス162名と保護司28名で中学生の非行 […]

    続きを読む

社会を明るくする運動

社明運動

「社会を明るくする運動ってな~に?」、この運動についての詳細はこちらから

毎年7月1日から31日までの1か月間、全国一斉に犯罪や非行の防止と、過ちを犯した人たちの立ち直りを地域のチカラで支えていこうとする「社会を明るくする運動」が展開されます。

小松能美保護区の保護司会もこの運動を実施します。月間の最初の日に管内の自治体を訪問し、総理大臣のメッセージを伝達します。

社会を明るくする運動の詳細