立ち直りをささえ、安心で安全な地域社会をつくる。「小松能美保護区保護司会」は、明るい社会実現のために更生保護の活動に取り組んでいます。

小松能美保護区の活動報告

活動報告

  • 令和2年度 第3期定例研修

    2021.3.12

     令和3年3月3日(水)午後1時30分から小松市第一地区コミュニティセンターにて、第3期定例研修を開催しました。「高齢社会における犯罪」をテーマに金沢保護観察所 窪田主任保護観察官に講義をしていただきました。 &nbsp […]

    続きを読む

  • 令和2年度 第2期定例研修

    2021.1.19

     令和3年1月14日(木)午後1時30分から寺井地区公民館にて、第2期定例研修会を開催しました。「問題飲酒対象者の処遇について」をテーマに金沢保護観察所 窪田主任保護観察官に講義をしていただきました。  近年、飲酒運転に […]

    続きを読む

  • 令和2年度 第1期定例研修

    2020.12.17

     令和2年11月5日(木)午後1時30分から小松市第一地区コミュニティセンターにて、第1期定例研修会を開催しました。「良好・不良措置、報告書の書き方について」をテーマに金沢保護観察所 窪田主任保護観察官に講義をしていただ […]

    続きを読む

社会を明るくする運動

社明運動

「社会を明るくする運動ってな~に?」、この運動についての詳細はこちらから

毎年7月1日から31日までの1か月間、全国一斉に犯罪や非行の防止と、過ちを犯した人たちの立ち直りを地域のチカラで支えていこうとする「社会を明るくする運動」が展開されます。

小松能美保護区の保護司会もこの運動を実施します。月間の最初の日に管内の自治体を訪問し、総理大臣のメッセージを伝達します。

社会を明るくする運動の詳細